夏目友人帳・肆 第12話

感想!

『記憶の扉』

・手放す前に最後に実家へ行くことにした夏目。
 もちろん先生もこっそりついて来たよ!駅弁を買え、まずはそれからだ!
・妖って電車乗るんだ?!w
・乗り換えで扉に挟まる先生!先生マミるマミる!w駆け込み乗車いくない!w
・地図を頼りに歩き出す夏目の前にうどん屋が。
 そこの美味しそうなダシの匂いに少しずつ昔を思い出す夏目。
 あー分かる分かる。”匂い”って記憶に残るよね!
 土の匂いとか花の匂いとか。私は塩素の匂いを嗅ぐと学校のプールを思い出します。
・記憶を辿る夏目の前を歩くのは・・・昔の夏目か。
・鍵を預かってくれているという昔お世話になっていた親戚の家に到着。
・そこへそこの家の娘、三世子が帰ってくる。
 うわー、あんまり夏目のことを良く思っていないみたい。
 だが残念だったな!夏目は美少年に成長したぜ!
・家に上がることになったけど、やっぱり妖がいた!
 こ、こえぇええええ!目!目!見てる!
・なんか色々言い訳する主人。オドオドしてる・・・?
・って怖ぇぇええ!机の下!コレは怖い!普通にビビッてしまった・・・。
・”親切にしてやってる”とか”可哀想って甘やかされてるのが嫌い”とか
 ・・・おいちょっと・・・三世子ちゃん・・・言い方やだなー。
 当時は子供だっただろうし、事情も知らないから仕方ないとはいえ、
 考え方があんまりです。あと可哀想な子って言わないで。
・藤原夫妻の事を悪く言われ、心がざわつく夏目に妖が囁く。
 「口書いて。書いてくれたら食べてあげる。悪口言うやつ食べてあげる。」 
・そこへ変な何かの生物もとい先生登場!
・のら猫か?!猫なのか?!とまさかの疑問を持たれつつも
 猫パンチで夏目を正気に戻す先生。GJ!
・妖の名は「ムシクイ」。いずれは人の心の闇を育てて食うようになる。
 あぁ、だから三世子ちゃんの嫉妬心や、父親の後ろめたさが大きくなってるのかな。
・家からムシクイをはがし、一旦追い払った夏目たち。
 うーん、これ追っ払っただけで大丈夫か?フラグだよなーこれ。
・昔一度だけ一人で家に帰ろうとした事を思い出した夏目。
 そこへさっきのムシクイが襲って来た!やっぱりねーー!
 夏目の中に入り込むムシクイ。って先生毎回ですけどマジで仕事して下さい!
 
 先生の呼ぶ声が聞こえていた。
 それでも心は何かを探して遠い記憶の中へ迷い込んで行くようだった。

 帰らなくちゃ・・・

 
うわ!ここで次回です!
というか次は最終回。終わっちゃうんだなー。寂しい。
夏目には本当に心の底から幸せになって欲しいです。頼むよ最終回!
スポンサーサイト

テーマ : 夏目友人帳
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

佐伯みこ

Author:佐伯みこ
ゲーマーです。時たま絵を描いたり描かなかったり。


好きゲーム
FF6、九龍妖魔学園紀、大神、無双
好きキャラ
ロック、バァン、天化、真田幸村、趙雲、ヘイハチ、八戒

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle